..:: LCP RECORDS ::..

..:: Music that uplifts your mind ::..

Artist

Cana (カナ)

Cana‐ 普通の女の子が歌を手に入れた。 -
持ち前のチャーミングなルックスとキュートなキャラクター、そしてナチュラルな魅力を秘めた歌声は、優しく心をつかむ。
Hiro(ex.Essence)の楽曲提供とプロデュースで現在デビュー作レコーディング中。

Cana (カナ)
cana_logo.jpg1990年11月20日山梨で生まれる。20才。音楽好きの母親の影響もあり、中学の頃より吹奏楽部に所属。フルートを始める。
2008年春、17才で..:: LCP RECORDS ::..ボーカリストオーディション応募をきっかけに歌への興味を持ちボイストレーニングを始める。
現在県内の短期大学在学中。作詞も手がけ、最近はギターにも挑戦中。

hideka & The Pristines (ヒデカアンドザプリスティーンズ)

hideka & The PristinesThe Pristinesはイギリス・コヴェントリー出身のLo-Fiシューゲイズバンド。雑誌などを通じて評判になり1990年代の半ばごろから続々とアルバムをリリースし始めた。レーベルも Pillarbox Red (UK)、Elefant Records (スペイン)、A Turntable Friend (ドイツ)、Meller Weller Produkte (ドイツ)と数多く、1995年には Sunday Records (US)から名盤「Teen-Fraud, Pop-Whore (part one) 」をリリースした。
その後、2000年代前半に3枚のアルバムを自主制作したが、再びCloudberry Records (US)、Series Two (US)、Susy Records (ペルー)等に所属、2007年以降はドイツのEdition 59に移籍したが、2008年には Series Twoから5枚目のアルバム「States of Mine」を発表。

ちょうどその時期、The Pristinesは日本のシューゲイザーの先駆け「hideka」の曲に出会う。hidekaがリミックスとリマスタリングした初期The Pristinesの曲「Sea Horse」を聴き、お互いのサウンドに惹かれあっていることに気付き2009年にコラボレーションを決意。その成果がアルバムとして2010年5月にリリースされる。その名も「Mayflower」。
ヨーロッパとアジア、2つのミュージック・スタイルが出会い、コントラストを感じさせながらも見事に融合していく。数千マイルの距離を超えてサウンドファイルをメールで送り合いひとつのアルバムが完成した。

The Pristines
Official Site ››
http://myweb.tiscali.co.uk/thepristines/
MySpace ›› http://www.myspace.com/thepristinesuk
Facebook ›› https://www.facebook.com/thepristines
Last.fm ›› http://www.last.fm/music/The%2520Pristines

The Pristines are a cult indie lo-fi psychedelic shoegaze band from Coventry, England.
After being part of the fanzine scene they began releasing records in the mid 90s for labels such as Pillarbox Red (UK), Elefant Records (Spa), A Turntable Friend (Ger) , Meller Welle Produkte (Ger) and Sunday (US), culminating in the 1995 album “Teen-Fraud, Pop-Whore (part one)” released on Sunday Records.
They later recorded 3 self-released albums in the early 2000s before returning to label releases with the likes of Cloudberry Records (US), Series Two (US), Susy Records (Peru), and Edition 59 (Ger) from 2007 onwards, with a 5th album “States of Mine” released on Series Two in 2008.

It was during this time that the band encountered the work of Japanese shoegaze artist hideka, who first remixed and remastered one of their earlier songs “Sea Horse”.
Liking each other’s material, hideka & The Pristines decided to collaborate on an album in 2009 to be released this May 2010, and to be called aptly “Mayflower”.

A meeting of East & West, the two styles of music both contrast as well as complement each other. The songs recorded by emailing music files thousands of miles between the UK & Japan!

hideka (ヒデカ)

hideka90年代、渋谷系を語る上で無視出来ない伝説のレーベル「CONFUSION」(by PONY CANYON)からのリリースで話題となった「Loco-Holidays(ロコ・ホリデイズ)」でベースとボーカルを担当。その後「RUBY RUBY STAR(ルビー・ルビー・スター)」名義でソロ活動を行っていた、日本のシューゲイザーの先駆けといえる女性シンガー。
ソングライティングのみならず、ベース、ギター、オルガン、シンセサイザー、プログラミングなど全てをこなすマルチプレイヤー。J-WAVETOKYO FMをはじめ多くの大手放送メディアのジングル、CMソング、BGMなどを制作。また海外への楽曲提供も積極的に展開している。

浮遊感あるボーカル、オリエンタルな雰囲気とスペーシーな世界観が融合した独自のドリーム・ポップ・ワールド。都会の喧噪を離れ移住した故郷、山梨から世界へ。そのhidekaサウンドを自由に、そしてのびのびと発信していくソロプロジェクトを開始。

2008年7月に日本、インドネシア、フィリピン、マレーシア、韓国、中国、香港の7ヶ国のアーティストが参加し世界へ向け発売されたアジアン・シューゲイズ・コンピレーションCD「Half Dreaming」に参加。2009年1月にアメリカのシューゲイズレーベル「Series Two Records」のコンピレーションCD「Series Two Compilation vol.23」にも楽曲提供している。

2009年2月、..:: LCP RECORDS ::..より待望の1stアルバム「hideka」を世界配信開始。2009年夏、hideka bandを結成。ライブ活動も開始。

Official Site ›› http://www.hidekamusic.com/
MySpace ›› http://www.myspace.com/hidekamusic
Last.fm ›› http://www.last.fm/music/hideka
mixi ›› http://mixi.jp/view_community.pl?id=4514895

Female vocalist Hideka originally sang and played bass with Loco-Holidays -- a highly influential band signed to legendary label of the 90s Shibuya scene, Confusion (by Pony Canyon). Subsequently performing solo under the name Ruby Ruby Star, she focused not only on song writing, but on applying her diverse talents in playing instruments such as bass, guitar, organ, and synth, and also in programming. Hideka has written and performed jingles and background music for J-WAVE and other major Japanese broadcasters, while also proactively looking to supply her music overseas.

In Hideka's unique "dream pop world", her floating, wafting voice is perfectly married with spacy, oriental atmospheres. Leaving behind the hustle and bustle of the city and returning to her home turf in Yamanashi, she now embarks upon a new solo project to freely deliver that Hideka sound to listeners all over the world.

In July 2008, Hideka contributed a song to HALF DREAMING: Asian Shoegaze Compilation -- a world-wide release featuring artists from Japan, Indonesia, the Philippines, Malaysia, Korea, China, and Hong Kong. And we now welcome her to LCP Records for the global release of her much-anticipated new album.


ファーストアルバム ››hideka」 (World Wide Digital Release)

最新記事 from 「hideka

最新記事 from 「hideka - Myspaceブログ

最新記事 from 「..:: LCP RECORDS ::..

NORO (ノロ)

NORO深く揺れるサウンドにポップエッセンスを練りこんで、蜜のように甘く浮遊するドルチェボイスをトッピング。
"カノジョの音は、ボクのデザート"

<< Photo by Burra Kawasaki

NORO:アーティスト・作曲家・シンガー・プロデューサー。
広島県広島市出身、5月8日生まれ。3歳から音楽教育をうけていたが、既存楽曲の練習にのめりこめず、全てのレッスンを辞めた後、我流でアコースティックギターを弾き作曲と作詞を始める。大学在学中に福岡で初めて行ったクラブライブの評判が、ダンスミュージック・プロデューサーHideki Okada氏の耳に入り、DTMを勧められたのがきっかけで翌年よりコンピュータを使った楽曲制作をはじめ、音楽の幅を大きく広げる。その後数々のイベントや音楽企画に参加し、まだまだ女性の少ない音楽プログラミング・サウンドプロデュース界において確実にその実力をつけていく。'06年に音楽プロデューサー牧村憲一氏に出会い楽曲を高く評価され、氏エグゼクティブ・プロデュースの元レコーディングに入り、'07年に配信、'08年にCDで、楽曲制作はもちろんアレンジ・プログラミング・ミックスもNORO本人による、セルフ・プロデュース・デビュー・アルバム「LOVE SWEET DREAM」をリリース。'09年に同じく女性プロデューサー・アーティストで盟友でもあるフィラデルフィアのラッパーSteph Pocketsの4thアルバム「FRIENDS」のタワーレコード購入者特典として、Stephとの共同制作楽曲Give Me A ChanceのシングルCDが限定配布される。

また'03年から'06年までは、江戸川乱歩賞受賞作家でシャンソン歌手・戸川昌子がオーナーで、文化の発信地とも言われた「渋谷・青い部屋」のブッキング・トータルマネージャー、プロデューサーも歴任。個性的で彩り豊かなイベントや企画を次々と仕掛け青い部屋の黄金時代を築き、ミッド・ゼロ年代の渋谷アンダーグラウンドカルチャーの一端を担った。

ほか、M-ON!TV「ASAHI SUPER DRY The LIVE SHOW」(司会:ダイノジ)にレギュラー出演('05年-'06年)、女性プロデューサーPri the Honeydark主宰Female Producers Association参加、第一回渋谷音楽祭ライブ出演など。

NORO is a multi-talented singer, songwriter, musician, recording/mixing engineer and music producer. She works out of her own private music studio located in Tokyo, Japan. She specializes in mixing 1960's space age pop music with 1990's style club music, creating her own futuristic sounding compositions. NORO's voice is often compared to the voice of a sweet angel. Her singing is loved by people throughout the entire world. NORO and her music have been featured on several television shows, radio programs, magazines and newspapers throughout Japan.

Official Site ›› http://www.norosound.com/
MySpace ›› http://www.myspace.com/norosounds
mixi ›› http://mixi.jp/view_community.pl?id=1569325
Last.fm ›› http://www.last.fm/music/NORO
Facebook ›› http://www.facebook.com/norosounds
Twitter ›› http://twitter.com/noro58
Soundcloud ›› http://soundcloud.com/norosound
Ustream ›› http://www.ustream.tv/channel/norosound

2007年に世界配信で1stアルバムリリース。2008年10月、..:: LCP RECORDS ::..よりついに待望のCD化。

ファーストCD ››LOVE SWEET DREAM

最新記事 from 「NOROSOUND.COM

最新記事 from 「YES! NOROBLOG

最新記事 from 「NORO - Myspaceブログ

最新記事 from 「..:: LCP RECORDS ::..

» 続きを読む

Essence (エッセンス)

Essence伸びやかに、そしてクールに歌い上げる女性ボーカル「御荘」。情熱的に、時に穏やかにギターを奏でる「Hiro」の2人によるハイセンスなアコースティックデュオ。
二人が紡ぐ秀逸な旋律と、世界観を生み出す言葉。ポップで透明感のあるそのサウンドは多くの人を魅了している。

<< Photo by Toshiyuki Furuya

Official Site ›› http://essencemusic.jp/
MySpace ›› http://www.myspace.com/essencejpn
mixi ›› http://mixi.jp/view_community.pl?id=86433

History ››2002年夏結成。二人による作曲活動と並行して山梨・関東近県にてライブを行う。二人が生み出した楽曲と、ソウルフルな演奏は各地で高い評価を得る。
2003年、年間60本に及ぶほど精力的にライブ活動を行う。ビッグイベントへの出演、さらにフジテレビ主催オーディション「MEDAMA2003」にてお台場の最終選考まで残るなど注目を集める。
2004年、二年連続出演のソニー主催「BUKU ROCK Fes」を足がかりに東京都内で毎月ライブを行う。その際、辻香織BE THE VOICEおおはた雄一など優れたアーティストと共演し、感性を深める。秋に起こしたイベントではライブハウスに入りきらない程の動員を得て、熱のこもったステージを魅せた。
2005年、日本最大級のインディーズ音楽配信サイト「NEXT MUSIC」のコンテストでボーカリスト賞を受賞。あがた森魚氏をはじめとした業界関係者から評価を頂く。
同年8月にファーストミニアルバム「Love song」を全国発売。話題の音楽配信サイト「mF247」での音源配信を開始。
2006年、セカンドミニアルバム「トルテ」の全国発売。新星堂ショップ週間チャートで2位を獲得。またディスクガレージ主催イベントで渋谷O-Crestに出演、iTunes Music Storeでの世界配信エステティックサロンのCMソングに採用サッポロビールのテレビCM出演など活動の幅を広げている。現在、作曲活動に専念するためライブ活動は休止中。

最新アルバム ››トルテ

ファーストCD ››Love song

最新記事 from 「..:: LCP RECORDS ::..

» 続きを読む

Glove Senses (グローブセンシズ)

Glove Sensesgloveは捕まえる。sensesは五感+α「全ての感覚で良い音を捕まえる」そんな意味合い。

Official Site ›› https://www.glovesenses.com/
Last.fm ›› http://www.lastfm.jp/music/Glove+Senses
Facebook ›› http://www.facebook.com/glovesenses

History ›› 山梨県出身の4名からなるバンド。 遠藤(b)と小野(g)は、中学生の頃からの付き合い。当時(1974年)のブリティッシュロックの洗礼を受けバンドを結成。武藤(Syn)は他のバンドでドラムを叩いていたが、あるライヴの打ち上げの席上にて小津映画談議に花を咲かせた事をきっかけに1995年11月の小春日和に入団。当時は7人編成であったがその後の度重なるメンバー脱退のピンチにとある駅前食堂でビーチボーイズの「サンフラワー」のアナログ盤を小脇に抱えたシンガーソングライター深澤(g,key)に出会い入団を申し入れる。
4人の趣味は、多岐に渡っており、そのコレクター気質によるナイスな楽曲がグローブセンシズの最大の魅力であり、彼らのライヴには普段地元のライヴハウスには足を運ぶことがない洋楽ロック好きが重大な決意のもと押し寄せるという。ライヴ前に行われる遠藤のDJも割りと好評である。

最新アルバム ››Glove Senses III

セカンドアルバム ››Glove Senses

最新記事 from 「Glove Senses

最新記事 from 「..:: LCP RECORDS ::..

» 続きを読む

Lost Color People (ロストカラーピープル)

Lost Color People強力なグルーヴとVJをフィーチャーしたライブパフォーマンス、そしてLove & Peaceなメッセージ。

Official Site ›› http://www.lostcolorpeople.com/
MySpace ›› http://www.myspace.com/lostcolorpeople
mixi ›› http://c.mixi.jp/lcp
Last.fm ›› http://www.last.fm/music/Lost+Color+People
Facebook ›› http://www.facebook.com/lostcolorpeople
Wikipedia ›› http://ja.wikipedia.org/wiki/Lost_Color_People

History ›› 1999年山梨県で結成。強力な演奏力を武器にライブバンドとして、またアーティストのサポートバンドとして都内や関東近県のライブハウス、ジャズフェスティバルなどで活躍。
2003年11月に初のミニアルバム「Connectors」を全国発売。同時に半年にわたるツアーを行う。
英詞、和詞、インストを織り交ぜ、ロック、ソウル、ファンク、ジャズなど様々なジャンルを吸収した楽曲は、コーヒーメーカーのCMソングとしてFM局でオンエアーされたり、人気グラビアアイドルのイメージDVDにも採用され全国発売されている。
2004年5月に甲府KAZOO HALLで行われた「Connectors Tour Final」では、満員の熱狂的なオーディエンスを前に2時間半に渡るステージをこなした。その後レコーディングに入る。
2005年春、自主レーベル「..:: LCP RECORDS ::..」を設立。自らのセカンドアルバムのみならず、2つの素晴らしいアーティストを発掘し同時発売。セカンドCD「Fake it!」はタワーレコード新宿店での先行試聴機展開、地元新星堂ではショップ週間チャート3位を獲得するなど好評を得ている
2006年、新メンバー秋山周一(Dr)を迎え、さらにロック色を強め、各地で精力的にライブを行う。
2007年、国内での活動と平行し、ライブ映像がフランスのケーブルテレビ「nolife-tv」にて放映され、視聴ランクインするなどヨーロッパ市場に向けた足がかりをつくる。また、多彩な自主イベントを企画し、国内外の素晴らしいアーティストとのイベントを行う。
2008年、最も本領を発揮するLCPのライブを事前告知し公開録音するというライブレコーディングを地元山梨で行う。7月には初のヨーロッパ公演となるパリのJAPAN EXPOに招待され、数千員規模のステージを経験。フランスメディアに大きく取り上げられ、国営ラジオフランスではアコースティックライブとインタビューが生放送される。同時にライブアルバム「LCP LIVE!」をヨーロッパ先行発売。同時に旧譜をEU圏にて発売開始。2008年11月、3rdアルバムとなるライブアルバムを全国発売及び世界配信開始。タワーレコード新宿店のJ-POPアルバムチャートで10位にランクイン、新星堂甲府駅ビル店でショップ売上チャート3位を獲得する。

The band built-up a musical concept named cool groove, that they describe as a mix of a very adult style music, deeply imbued with soul and as a whole being sang in English and Japanese.
Lost Color People was founded in 1999, in Yamanashi prefecture. The band initially got itself known through fully instrumental music pieces, used as promotional jingles for radio channels or on idols's DVD.
The band kept on building-up their sound by adding to their experience of the scene, notably as support acts for well-known artists, be it in small concert halls or at Jazz festivals.
On the 26th of November 2003, Lost Color People released their first mini-album, Connectors, which was sold all over Japan and started a long tour of six months, the Connectors Tour that ended in May 2004 at the Kazoo Hall in Kofu. The concert lasted for nearly two and a half hours in front of a full and enthusiastic concert hall. The band deployed their entire songbook, rich with rock, soul, funk or jazz sonorities. At the end of this tour, the seven musicians started to compose a second album.
In spring 2005, Lost Color People set up their own label, ..:: LCP RECORDS ::.. under which they released their second album Fake it, on the 24th of August 2005. Lost Color People has currently signed with two bands: Essence and Glove Senses.

最新アルバム ››LCP LIVE!

セカンドCD ››Fake it!

ファーストCD ››Connectors

最新記事 from 「www.lostcolorpeople.com

最新記事 from 「..:: LCP RECORDS ::..

» 続きを読む

スペシャルティコーヒー専門店 Bijoux Coffee Web Shop
Made with dreamweaverMade with fireworksMade with FlashValid CSS!Powered by Movable Type 3.38
MaT4iページランクmailto:
Copyright : [Articles] © 2005 - 2017 ..:: LCP RECORDS ::.. All Rights Reserved.
[Comments/Trackbacks] ... Authors of those have rights. Template : Wandering Wind Powered.
Powered by ARMS ASKUL. Since March, 2005 total pv:02691933 (yesterday:0577 today:0141)